WinningTicket’s blog

娘の高校受験(2025年)に向けた記録です

英検準2級プラスについて考える

今回は、英検で新たに増える「英検準2級プラス」について記載します。

 

少し前に英検の準2級プラスについて合格基準のCSEスコアが発表されました。

 

2025年度 準2級プラス(新設級)の紹介 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

 

 

上記は1次試験の基準スコアです。

 

準2級と2級の間に位置づけられて、

 準2級との差:1402-1322=80

 2級との差:1520-1402=108

ということもあり、若干準2級寄りなんでしょう。

 

CEFRでも準2級と同様、A2に位置づけられていることからも分かります。

 

今回は、準2級プラスの位置づけと受け方について考えたいと思います。

 

【位置づけ】

高校入試では、英検を保持している加点になる場合があります。高校のレベルによりますが、3級以上で加点されるケースが多いように感じます。

 

以下はある私立高校の単願、併願の基準の一部を切り取ったものです。

 (娘の兄の受験時にもらったものです。)

 

この高校では英検と数検が加点対象で、準2級が+1、2級が+2となっています。

 

準2級プラスが出来たことでこの様な仕組みが変わるのか?が1つの焦点になりそうですが、

 ・名前が「準2級」とついていること

 ・CSEスコアが準2級寄り

ということを考えれば、高校入試では準2級と同じ位置づけと考えるのが自然に思います。

 

 

【受け方】

今後、準2級プラスを果たして受けるメリットがあるのか?という問題が発生しそうです。

 

英検は、

 ・準2級と2級のギャップを埋めることで、学習者に身近な目標を提供する

 ・小さな成功体験の機会を提供することで、学習者のモチベーションの維持・向上を図る

と記載していますが、時間がない中学生には増えることはやっかいにも思えます。

 

 

中学時代に英検2級を受ける人は、そこにたどり着くまでに以下のパターンがありそうです。

 

 

パターン①は今までと同様、急を確実に上がっていくパターン。

パターン②は準2級プラスを受験しないパターン。

パターン②は準2級を受験しないパターン。

 

この中で止めたほうが良いなと思うのはパターン①です。

 

英検の勉強の仕方は色々あれど、うちの娘(中2)のように、でる順パス単をそれぞれの級で取り組む場合は、1つ級が増えるだけでかかなりスピード感が落ちるのかなと思います。

 

娘の場合、

 3級から準2級にかかった期間は約1年2か月ほど。

 準2級から2級にかかった期間は約1年3か月ほど。

なので、そこに新たな級が入ることで更に1年はかからないとは思いますが、間違いなく取得スピードは落ちる気がします。

 

パターン②かパターン③のどちらで行くのかは。。。3級のスコアで判断しても良いのかもしれません。

 

娘の場合は、3級の1次のCSEスコアが1360でした。これは準2級の基準スコア(1322)を超えているので、次は準2級プラスにチャレンジしても面白いのかもしれません。

 

逆に3級で基準スコアギリギリの場合は、準2級にしたほうが安全かもしれません。

 

。。。というように臨機応変に判断し、時間がないのにパターン①で真面目に取り組むのは得策ではなさそうです。

 

世の中の反応を見ると、準2級と2級の間に級を作るより、2級と準1級の間に級を作ったほうが良いという声がありますし、私もそう思いますが、英検は大学以降の受験者数は極端に減るので、ニーズのある準2級と2級の間の級のほうが受検者数が多くなるんでしょうね。。。

 

英検の優遇のある高校を調べようと思ったのですが、纏まったサイトってないんですね。。。以前、英検協会が纏めていたと思ったのですが。。。

 

 

明日は難チャレですね

今回は、娘(中2)が受ける予定の難チャレについて記載します。

 

娘は明日は朝早くから難チャレを受ける予定です。

 

時間は、

 5科目受験だと、8:20(集合)~13:05

 3科目受験だと、8:20(集合)~11:40

のようです。(迎えに行く時間を確認した。。。)

 

新中3は、1月の特訓選抜が第1弾で、今回の難チャレと3/17の必勝志望校判定模試が第2弾でしょうか。

 

今回の難チャレと必勝志望校判定模試で「必勝志望校別コース」のクラスが決まるようです。良い方の結果でクラスが決まると理解しています。

 

必勝志望校別コースのクラスは恐らくは最初のクラスが決まるだけで、その後の様々なテスト結果によって上下するものと思います。

 

必勝志望校別コースは、

 筑駒必勝クラス(男子のみ)

 開成必勝クラス(男子のみ)

 国立必勝クラス

 早慶必勝選抜クラス

 早慶必勝クラス

 難関必勝クラス

でそれぞれのクラスでα、β、γやさらにその中で細分化されているようです。

 

特訓生としては、上のクラスを目指すのが普通だと思いますが、難関必勝クラスにならなければOKなのかなとも考えています。

 

今後もテスト結果によって一喜一憂するはずですが、今の気持ち的には実力に相応しいクラスに入れば良いかなと思っています。

 

クラスがすぐ下がるぐらいであればあまり背伸びをしなくても良いかなと。

 

まずはどのレベルであっても成績の"安定"を目指したいですね。観察していると成績が乱高下している場合、高い成績を取ると期待値が変に高くなってしまうところはありそうです。

 

今の段階で必勝志望校別コースを取るのかは決めていないですが、取ったとしても3教科なのか5教科なのかはよく考えたいです。

 

5教科だと「国立必勝クラス」で、3教科だと「早慶必勝クラス」でしょうか。

 

これは、娘の方向性に加えて、今年の受験生の実績を校舎にお聞きした上で決めたいなと考えています。

 

女子の合格者数だけでなく、合格者がどのクラスに所属していたのかが重要そうです。

 

。。。ということで娘には今まで以上に頑張ってもらうのは当然として、なるべく成績を"安定"させるように取り組んでもらいたいと思います。

 

学年末テストが終わったら前に記載した通り、娘とちゃんと会話する時間を設けたいと思います。

 

 

最寄り駅に何時までに到着すれば間に合うか(東京・神奈川の公立)

今回は、最寄り駅に何時までに到着すれば間に合うか?について、都立と神奈川の公立について記載します。

 

昨年の11月に私立や国立の主な高校について記載しましたが、その公立版です。

 

最寄り駅に何時までに到着すれば間に合うか(主な高校) - WinningTicket’s blog

 

学校(高校)を決める際に、何気に重要な要素として通学時間があるかと思います。

 

皆さんも登校時刻から逆算して、家を何時に出れば良いから通える、もしくは通えない。。。という判断をされたことがあるのかな。。。と想像します。

 

通学時間が同じでも学校の登校時刻の早い、遅いで変わってくるケースもあります。

 

。。。ということで、その高校の最寄り駅に何時に着けば間に合うのか?を調べてみました。

 

【都立】

対象は、「進学指導特別推進校」、「進学指導重点校」としました。

 

(説明)

・「到着時刻」は、「登校時刻」の10分前にしています。

・「構内移動」は、駅に着いて駅の外に出る時間で、3分と置き、バスに乗る場合は、待ち時間(10分)も含めて13分としています。

・「徒歩」は基本的には高校受験案(晶文社)内記載の時間を採用しました。

・「バス」の時間はYahooの路線情報から検索して持ってきています。

 

一番右側の列「駅到着時刻」が目安時間となります。

 

この時刻を乗換案内のようなアプリに入れれば最寄りの駅から乗る時間がすぐ分かると思います!

 

駅到着時間を俯瞰してみるとそこまで大きくは変わらないように見えました。

 

この調査で一番不安なのは、「登校時刻」が合っているのか?というところです。受験案内から持ってきているのですが、高校によって若干「登校時刻」のニュアンスが違う可能性ありますね。

 

もし???というものがあれば教えてください。

 

 

【神奈川・県立】

対象は、Wもぎで偏差値68以上の高校にしました。

 

説明は都立欄を参照ください。

 

「登校時刻」は、カナガクさんのサイトから持ってきています。

神奈川県公立高校 登校時刻一覧 2024 年度入試向け | カナガク

 

これは声の教育社の高校受験案内から持ってきているようです。

 

神奈川総合高校は遅くて良いですね。。。

 

 

千葉と埼玉の県立高校についても次に触れたいと思います。

 

学年末テストの範囲(中2)

今回は、娘(中2)の学年末テストの範囲について記載します。

 

学年末テストの約2週間前になり、テスト範囲が出ました。

 

学年末テストに向けて取り組んで欲しいこと - WinningTicket’s blog

 

基本的には上記に記載した通りですが、娘なりに勉強は進めているようです。

 

ちょっと。。。学校の勉強に専念?!しすぎなところは気になりますが、今回は目をつぶろうと思っています。

 

【範囲】

英語:(教科書)約40ページ/(ワーク)約50ページ 過去分詞をやっているのか

数学:(教科書)約60ページ/(ワーク)約30ページ 図形と確率か

国語:(教科書)約50ページ/(ワーク)約60ページ 漢詩も入るのか

理科:(教科書)約70ページ/(ワーク)約50ページ どの単元か???

社会:(教科書)約60ページ/(ワーク)約40ページ 近代と日本地理か

保健体育:ページ不明 2年範囲全部か。。。

音楽:(教科書)約10ページ/(ワーク)約20ページ 交響曲とオペラね

技術家庭:(教科書)約40ページ 技術ね

 

ちょっと副教科(実技教科)に介入しようと思ったのですが、面倒なのでやっぱ娘に任せることにしました。

 

ただ、何もしないと。。。後悔?!するかもしれないので、テラママさんが以下で推奨していた問題集を買って渡しました。。。

(なんでも良かったのですが1冊にまとまっているのが良いなと。)

 

定期テスト直前!実技教科は集中学習で乗り切る! | 高校受験に向けて。テラの学習記録

(勝手にリンクを貼りました!)

 

活用するのか、しないのかは娘に任せます!

 

主要5教科は着々と進めているようなので、今回は副教科をどう仕上げるか。。。ですね。

 

今までより副教科(実技教科)はちょっと頑張って欲しいなと思っています!

 

早稲アカ(高校受験)の合格実績(2/13時点)

今回は、早稲アカ(高校受験)の合格実績(2/13時点)について記載します。

 

千葉、埼玉の前哨戦や推薦の実績が前年を上回っていましたが、昨日、開成や早慶附属の一部の高校の合格実績が発表されました。

 

2024年度 高校受験 合格実績速報 | 高校受験の進学塾・学習塾なら早稲田アカデミー

 

(2024年)

 

開成と慶應女子を円グラフで表示しているだけあり、好調だったことが分かります。

 

慶應女子は、慶應女子の入試サイトに合格者数等を発表していないのですが、受験者は内訳が分かる仕組みなのかな。。。

 

全合格者数が194人だったようです。昨年は173人だったので増えた?!のかしら。。。

 

 

 

ちなみに昨年は、以下のような表示でした。

 

(2023年(昨年))

 

 

主要高校について、今年と昨年の合格者数を並べてみたいと思います。昨年の数字は、同じく2/13(2023/2/13)時点の数字です。

 

灰色の高校は昨年の実績を下回っている高校です。

 

基本的には好調ですが、慶應志木は随分減らしています。ただ、現時点で何人の合格者を出しているのか、補欠は何人いるのかが分からないため、評価は難しいです。

 

一番右側にSAPIXの実績もつけました。規模の割に開成も慶應女子も多いのかなと思います。

 

ちなみに。。。開成と慶應女子が、2つの塾(早稲アカ、SAPIX)でどれぐらいの占有率なのかを計算してみました。

 

現時点でどちらの高校も7割以上占めていますね。。。

 

 

今回の実績は一般と推薦の合計の実績ですが、今までの発表内容から分割してみました。

 

明大八王子は推薦のほうが多いですね。

 

これから、他の高校の発表が続きますが、今回発表した高校でも繰り上がりが出てくると思いますので、最終的な合格者数はまだまだ増えていくものと思います。

 

 

参考までに昨年の早稲アカでの合格者数の推移の表を貼り付けておきます。

 

 

 

娘(中2)のシャープペンシルの続きと最近の好物

今回は、娘(中2)のシャープペンシルの続きと最近の好物について記載します。

 

1月にシャープペンシルの記事を書きました。

娘(中2)のシャープペンシル - WinningTicket’s blog

 

その後に私の実家の近くの大規模書店に行き、シャープペンシルを私の親に買ってもらいました。

 

結局。。。どこの文房具屋さんにでも売っているものを何本か買いました。

 

 

上のドクターグリップ(Dr.Grip)がかなりのお気に入りで、それまでよく使っていた、オプト(opt)より良いそうです。

 

これからはドクターグリップ(Dr.Grip)と共に過ごす時間が増えそうです。

 

関係ないですが、一時期話題になった「オレンズネロ」をその書店で初めてみました。

オレンズネロ | ぺんてる株式会社

 

今までどこに行っても実物を置いてあるお店はありませんでしたが、今回行った大規模書店では何本も売っていました。

 

ただ。。。シャーペンの持つところが太いものを好む娘には全く響きませんでした。

 

 

娘は月2回の必勝ジュニアに参加しています。

 

授業が終わった後は、2人でご飯を食べることがあるのですが、最近は「天丼」を食べる機会が多くなっています。

 

最近、娘は天丼を食べたくなるようで、よくリクエストしてきます。昨年の秋からなんですが。

 

 

以下は、必勝ジュニアの後で食べた天丼シリーズ?!です。

 

娘が撮影したものですが、天丼がうまくおさめられていないな。。。後で言っておこうと思います。

 

【安定のてんや】

 

 

【とあるうどん屋

 

【とある天ぷら屋】

 

 

娘は要望が高くないので、毎回てんやでも十分なんですが、これから少しづつ開拓?!していきたいと思います。

 

 

進研ゼミの会員数推移

今回は、進研ゼミの会員数推移について記載します。

 

昨年、6月にスマイルゼミを展開するジャストシステムについて記載しました。

スマイルゼミを展開するジャストシステムの変調?! - WinningTicket’s blog

 

ジャストシステムが好調なのでその影響を受けているのではないか?と推測できます。

 

娘(中2)は小学校時代にスマイルゼミにお世話になりましたが、スマイルゼミかチャレンジタッチかを選択する時に、その時はチャレンジタッチはタブレット画面に手をつけることができなかったんですよね。

 

書くときに手をつけないのは。。。辛いということもスマイルゼミを選択した一因でした。今は解消しているようです。

 

私は中学時代に進研ゼミに大変お世話になりました。高校に入ってからも続けようと思ったのですが途端に難易度が上がりついていくのが難しくなり止めたのを覚えています。。。

 

そんな?進研ゼミの会員数がどんな感じになっているのかを見てみたいと思います。

 

【会員数推移】1999年~

 

進研ゼミは、小学生前の「こどもチャレンジ」「小学講座」「中学講座」「高校講座」から成り立っています。

 

上の情報はベネッセHDの「統合報告書」から取得していますが、ネットを駆使して1999年まで遡ることができました。

統合報告書 | IR資料 | 株式会社ベネッセホールディングス

 

徐々に減っているのは分かりますね。色をつけた年は個人情報の問題で大きく減った年ですね。。。

 

上記をグラフにしてみました。

 

こどもチャレンジはずっと減っています。

小学講座は2012年まで増えていましたがそこから減っています。

中学講座、高校講座はゆるやかに減っています。

 

少子化もありますが、いくつかの問題もあり下落に歯止めがきいていない状況かなと思います。

 

次に進研ゼミを受講している人が月当たりどれらい払っているかを見てみます。

 

【会員費推移】2013年~

こどもチャレンジはそこまでの期間取れなかったので省いています。

 

会員数は減っていますが、会員費は徐々に増えていますが小学講座はそこまで増えていないですね。あまり増やすと影響が出るのでしょうか。

 

その分、中学講座と高校講座は増えています。インフレの流れと会員数が減っているのでしょうがない感じでしょうか。

 

次に各講座の売上の推移をみたいと思います。

 

 

【売上推移】2013年~

なんとか売上を維持しようとしているのかもしれません。

 

2022年度から大学・社会人講座が始まり、幅を広げてきています。塾・教室向けが思った以上に増えていないのが痛いところなのかもしれません。

 

2017年を底に売上は復活してきているので、これを維持したいところかもしれません。

 

今後の進研ゼミの頑張りに期待しましょう。

 

ベネッセの決算説明資料を見ると色々工夫はしていそうです。

 

高校講座は進研模試との連動、小学講座はNintedo Swichソフトとの組み合わせ